SBA-BM

2016年6月29日(水) 開催

~スタジアム&アリーナ建設、改修をする前に持つべき視点~

理想的なスタジアム&アリーナ設計とは

上林 功株式会社スポーツファシリティ研究所 代表取締役

2009年に建設された新球場「Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島」。日本初の「メジャー(MLB)風の球場」と言われ、これまでにない魅力的なボールパークが誕生した。しかし、設計チームとしては「メジャー風というよりは、むしろ別の考えを盛り込んだ印象が大きい」と語る。カープ、広島市、そして環境デザイン研究所による、発注者、興行者、設計者によるチームビルディングが求められたプロジェクトは、どのようにマネジメントされ、成功に導いたのか。

SBAでは、この壮大なプロジェクトのキーパーソンであり建築家の上林功氏(当時・環境デザイン研究所、現・スポーツファシリティ研究所代表取締役)を招き、人間の行動や心理に適した建物を計画する「計画学的アプローチ」に加え、「社会科学的アプローチ」の視点から、同球場に隠された特徴、そして、今後のスタジアム、アリーナ建築のヒントとなる様々な知見を余すところなく披露していただく。

SPEAKER PROFILEスピーカープロフィール

上林 功

上林 功株式会社スポーツファシリティ研究所 代表取締役

現職:

株式会社スポーツファシリティ研究所 代表取締役

主な経歴:

1978年11月、神戸市生まれ。
京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科修了、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。建築家の仙田満に師事し、環境デザイン研究所にて主にスポーツ施設の設計・監理を担当。主な担当作品として「兵庫県立尼崎スポーツの森水泳場」「広島市民球場(Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島)」など。2014年に株式会社スポーツファシリティ研究所設立。江戸川大学経営社会学科非常勤講師のほか、早大大学院スポーツ科学研究科博士後期課程に在籍。主な研究内容「スポーツ消費者行動とスタジアム観客席の構造」。15年から超人スポーツ協会スポーツクリエイターとしてプロジェクト「Carry Otto」開発チーム代表。

このセミナーのコーディネーター

荒木 重雄

荒木 重雄SPOLABo 代表取締役

プロフィール:

千葉ロッテ球団の執行役員・事業本部長、パシフィックリーグマーケティングの取締役執行役員を歴任後、野球日本代表・侍ジャパンの事業戦略、デジタル戦略を担当。

2016年6月29日(水)

19時00分~20時30分

(質疑応答30分含む)

  • OPEN:18時30分
  • 講演:19時00分~20時30分(質疑応答30分含む)
  • 料金:5,400円(税込)
  • 講師:上林 功 
  • 主催:一般社団法人スポーツビジネスアカデミー

会場:HSB鐵砲洲(八丁堀)

住所:東京都中央区湊1丁目1−12

再開催リクエストを受け付け中です。再開催した際に、
優先的にご連絡をさせていただきます。

新規会員登録

セミナーやコースへの申し込みには会員登録(無料)が必要です

Facebookアカウントで登録

※本登録時、Facebookのタイムラインには投稿されません。

または

(仮登録の完了)メールアドレスの確認を行います。

ユーザー登録は、まだ完了しておりません。
ご入力頂きましたメールアドレス先にメールアドレス確認のお知らせメールが届いております。そちらに記載しておりますリンクより本登録を進めて下さい。

※SBAからのメールが受信できない場合、迷惑メールボックスにメールが入っているか、もしくは、ドメイン着信許可の設定をしている可能性があります。迷惑メールフォルダをご確認頂くか、spobiz.acからのドメイン着信許可の設定を行って下さいませ。

パスワード再発行

メールアドレス宛にパスワード再発行の手続きを行うURLをお送りいたします。