SBA-BM

2017年5月29日(月) 開催

~100年先を行く米国NCAAから何を学ぶべきか?〜

学生スポーツのあるべき姿を考える

川井 圭司同志社大学政策学部・総合政策科学研究科 教授

山崎 卓也Field-R法律事務所 弁護士

鈴木 友也トランスインサイト株式会社 代表

昨年、2020年までにGDPを600兆円にするという「日本再興戦略」が日本政府により策定され、10の官民戦略プロジェクトが提示された。その一つとして「スポーツの成長産業化」が掲げられ、その市場拡大策の1つとして生まれたのが通称「日本版NCAA構想」だ。その名称からも分かるように、米国のNCAAの取り組みを参考に、日本にも大学横断的かつ競技横断的なスポーツ統括組織を創設しようという試みである。

一方、図らずも2016年は100年以上の歴史を持つNCAAにとって大きな転換点として記録される年になった。文武両道をモットーに掲げるNCAAのガバナンスの根幹を支えるアマチュア規定(学生に対してプレーの対価としての報酬の支払いを禁ずる規定)が、司法審査により違法であることが確定したのだ。大学スポーツにおける行き過ぎた商業主義や勝利至上主義が大学のあるべき教育機関としての使命をゆがめ、その欺瞞を司法に指摘される形になった。

こうした中、米国では2018年から大学スポーツと競合する、18歳から22歳までのアスリートを対象にしたプロリーグが設立される動きもある。既に米国は「教育機関がスポーツビジネスの担い手として本当に相応しいのか」という本質的な問いについて考えなければならない時代に突入している。

今後、大学スポーツの事業化を目指す日本は、本家NCAAの成功と失敗から何を教訓として学ぶべきなのであろうか。日本におけるアメリカスポーツ法研究の第一人者で、NCAAのガバナンスにも詳しい同志社大学の川井圭司先生と、選手の権利保護の立場から国際プロサッカー選手会アジア支部代表や日本プロ野球選手会運営委員などを歴任し、国際競技団体のガバナンスにも精通する山崎卓也弁護士をお招きし、日本の学生スポーツのあるべき姿について考えてみたい。

■講義終了後は懇親会(希望者のみ)も予定されております。
※講師参加予定:山崎卓也氏、鈴木友也氏
なお、懇親会につきましては会場の都合で先着20名とさせていただきますのでお早めにお申し込みください。(懇親会会費:3,000円)
懇親会への参加希望の方は、申し込みフォームにて懇親会の項目の「参加」にチェックしお申し込み下さい。
懇親会をキャンセルされる場合、7日前よりキャンセル料として全額を申し受けます。会場予約の都合上、何卒御了承ください。

SPEAKER PROFILEスピーカープロフィール

川井 圭司

川井 圭司同志社大学政策学部・総合政策科学研究科 教授

現職:

同志社大学政策学部・総合政策科学研究科教授
日本スポーツ法学会理事・事務局長

主な経歴:

1969年京都生まれ
同志社大学法学部卒、同法学研究科博士課程退学、博士(法学)
マサチューセッツ州立大学スポーツ経営大学院客員研究員、日本スポーツ仲裁機構仲裁人、日本バスケットボールリーグ理事、メルボルン大学ロースクール客員研究員
主な著書に『プロスポーツ選手の法的地位』(成文堂)、Glenn M. Wongとの共著で『スポーツビジネスの法と文化 -アメリカと日本-』(成文堂)
小1から高2までは空手、高校、大学ではラグビーに没頭

山崎 卓也

山崎 卓也Field-R法律事務所 弁護士

現職:

Field-R法律事務所 弁護士
FIFA紛争解決室仲裁人
国際プロサッカー選手会(FIFPro)アジア支部代表
日本プロ野球選手会運営委員

主な経歴:

1997年弁護士登録後、スポーツ、エンターテインメント業界に関する法務を主な取扱分野として活動。選手、競技団体、クラブなどを代理したさまざまな国内外の契約交渉、ルール作りに従事。現在、FIFA紛争解決室仲裁人、国際プロサッカー選手会(FIFPro)アジア支部代表、日本プロ野球選手会運営委員、日本スポーツ法学会理事、英国スポーツ法サイト "LawInSport" 編集委員、フランススポーツ法サイト "droitdusport.com" 発行 "Football Legal" 学術委員などを務める。

主な著書に、"Sports Law in Japan"(Kluwer Law International)、「エンターテインメント法」(学陽書房。「プロスポーツ」担当)、「スポーツガバナンス実践ガイドブック」(民事法研究会・共著)、「トップスポーツビジネスの最前線――スポーツライティングから放映権ビジネスまで」(共著、講談社)など。

http://www.field-r.com/people/

MODERATOR PROFILE司会者プロフィール

鈴木 友也

鈴木 友也トランスインサイト株式会社 代表

現職:

トランスインサイト株式会社(NY法人)代表
B.LEAGUE顧問

主な経歴:

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。1973年東京都生まれ。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、米マサチューセッツ州立大学アムハースト校スポーツ経営大学院に留学(スポーツ経営学修士)。日本のスポーツ関連組織、民間企業、メディア、教育機関などに対してコンサルティング活動を展開。主な著書に「ヤンキースのユニフォームにはなぜ選手の名前がないのか?」(日経BP社)、「勝負は試合の前についている ~米国スポーツビジネス流顧客志向7つの戦略」(日経BP社)、訳書に「60億を投資できるMLBのからくり」(ベースボール・マガジン社)などがある。
高校まで野球、大学ではアメリカンフットボールをプレー。2008年にNYで日本人によるフラッグフットボールチーム「侍ジャイアンツ」を設立し、現地リーグに参戦してアメリカ人相手に闘志を燃やす。

このセミナーのコーディネーター

鈴木 友也

鈴木 友也トランスインサイト株式会社 代表

プロフィール:

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社の代表。米国のスポーツビジネスに精通している第一人者。現在、日本のスポーツ関連組織、民間企業、メディア、教育機関などに対してコンサルティング活動を展開。

2017年5月29日(月)

19時00分~20時30分

(質疑応答30分含む)

  • OPEN:18時30分
  • 講演:19時00分~20時30分(質疑応答30分含む)
  • 懇親会あり(先着20名)
  • 料金:5,400円(税込)
  • 講師:川井 圭司 山崎 卓也 
  • 司会:鈴木 友也 
  • 主催:一般社団法人スポーツビジネスアカデミー

会場:ビジョンセンター田町

住所:東京都港区芝5-31-19 オーエックス田町ビル4階

再開催リクエストを受け付け中です。再開催した際に、
優先的にご連絡をさせていただきます。

新規会員登録

セミナーやコースへの申し込みには会員登録(無料)が必要です

Facebookアカウントで登録

※本登録時、Facebookのタイムラインには投稿されません。

または

(仮登録の完了)メールアドレスの確認を行います。

ユーザー登録は、まだ完了しておりません。
ご入力頂きましたメールアドレス先にメールアドレス確認のお知らせメールが届いております。そちらに記載しておりますリンクより本登録を進めて下さい。

※SBAからのメールが受信できない場合、迷惑メールボックスにメールが入っているか、もしくは、ドメイン着信許可の設定をしている可能性があります。迷惑メールフォルダをご確認頂くか、spobiz.acからのドメイン着信許可の設定を行って下さいませ。

パスワード再発行

メールアドレス宛にパスワード再発行の手続きを行うURLをお送りいたします。