SBA-BM

2016年10月21日(金) 開催

~民間の資金、知恵を活用したスタジアム・アリーナ運営手法とは~

スタジアム・アリーナ改革の事業手法、最前線。

桂田 隆行(株)日本政策投資銀行 地域企画部

荒木 重雄SPOLABo 代表取締役

新たなスポーツ興行のモデルとして、チーム(クラブ)とスタジアム(アリーナ)の一体経営化、また、スタジアム・アリーナ設立・運営を民間企業が担う流れが押し寄せてきている。その流れを後押しすべく、日本再興戦略2016(政府の成長戦略)に「スポーツ産業の活性化」がエントリーされ、その中の柱として、これまでコストセンターとして(行政を中心に)運営されてきたスタジアム・アリーナをプロフィットセンター化(民間を活用)にする方向性が示された。つまり、「競技をする場所」から、「観戦をする場所」への転換。キーワードは「民間企業の参入」だ。それらを実現するためには具体的にどのような事業手法が考えられるのか。

指定管理者制度、PFI、PPPといった方法論から、今後のスタジアム・アリーナ改革の可能性について、スポーツによる街づくり(いわゆる「スマート・ベニュー」)を提唱している日本政策投資銀行の桂田氏、また、プロスポーツチームで国内初となる指定管理者制度を活用し、球団(千葉ロッテ)・球場の一体経営を柱とした経営改革を行った荒木重雄(SBA代表理事)氏が解説します。

SPEAKER PROFILEスピーカープロフィール

桂田 隆行

桂田 隆行(株)日本政策投資銀行 地域企画部

現職:

(株)日本政策投資銀行 地域企画部

主な経歴:

1999年日本開発銀行(現(株)日本政策投資銀行)入行。
入行後は、化学業、ホテル・旅館業、観光業等への企業の融資業務に従事、現在は地域企画部に在籍し、スポーツを活かしたまちづくり、地域活性化やスポーツ産業に関する調査研究を担当。2013年早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。早稲田大学スポーツビジネス研究所招聘研究員。

荒木 重雄

荒木 重雄SPOLABo 代表取締役

現職:

SPOLABo 代表取締役
総務省「スポーツ×ICT」WGメンバー
千葉商科大学サービス創造学部特命教授

主な経歴:

・千葉ロッテマリーンズ執行役員事業本部長
・パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)取締役執行役員
・日本サッカー協会(JFA)広報委員
・日本トップリーグ連携機構プロジェクトメンバー
・文部科学省委託事業「スポーツの環境の整備に関する調査研究事業」プロジェクトメンバー
・国土交通省・観光庁「スポーツ・ツーリズム推進連絡会議」委員
・日本野球機構(NPB) 特別参与 侍ジャパン事業戦略担当
・(株)NPBエンタープライズ 執行役員事業担当

2016年10月21日(金)

19時00分~20時30分

  • OPEN:18時30分
  • 講演:19時00分~20時30分
  • 料金:5,400円(税込)
  • 講師:桂田 隆行 荒木 重雄 
  • 主催:一般社団法人スポーツビジネスアカデミー

会場:HSB鐵砲洲(八丁堀)

住所:東京都中央区湊1丁目1−12

再開催リクエストを受け付け中です。再開催した際に、
優先的にご連絡をさせていただきます。

新規会員登録

セミナーやコースへの申し込みには会員登録(無料)が必要です

Facebookアカウントで登録

※本登録時、Facebookのタイムラインには投稿されません。

または

(仮登録の完了)メールアドレスの確認を行います。

ユーザー登録は、まだ完了しておりません。
ご入力頂きましたメールアドレス先にメールアドレス確認のお知らせメールが届いております。そちらに記載しておりますリンクより本登録を進めて下さい。

※SBAからのメールが受信できない場合、迷惑メールボックスにメールが入っているか、もしくは、ドメイン着信許可の設定をしている可能性があります。迷惑メールフォルダをご確認頂くか、spobiz.acからのドメイン着信許可の設定を行って下さいませ。

パスワード再発行

メールアドレス宛にパスワード再発行の手続きを行うURLをお送りいたします。